初心者でも臆する事なくスタート|不動産投資は収益物件が最適

マンション投資の安心制度

貯金箱とコイン

リスクを負担する保険

マンション投資を行う際に最も気を付けなければならないのが空室のリスクです。入居者の入れ替え時期など数か月の空室の発生はやむをえませんが、長期間の空室は投資そのものを失敗させてしまいます。ローンを組んでマンションを購入している場合には特にこの空室のリスクに気をつけておかなければなりません。しかしマンション投資は数か月程度で終わる投資ではなく今後何十年にもわたって行います。しかし遠い未来の状況は誰にもわからないため、投資に二の足を踏む人も少なくありません。しかし空室のリスクを最大限保証する家賃保証を付けることで空室による収入がない状態を防ぐことができます。マンション投資を行う人のほとんどがこの家賃保証制度を利用しています。

保証は永年ではない

保障会社を通じて申し込む家賃保証はマンション投資における保険のようなものです。一定の掛け金を毎月支払う必要がありますが、万が一の空室の際には家賃分を保障してくれる制度です。そのため空室に対する不安を取り除くことができます。しかし家賃保証も無限大ではありません。何年も空室が続く状態で保障を受けることはできません。入居者の入れ替え時期など短期間の保障が前提なのです。長期間空室が続くような状態の場合には指導が入ります。入居者を募集する方法の改善や家賃の引き下げなどです。それでも空室が改善されない場合には、リフォームなどを行うことを継続する条件として提示されます。家賃保証があるからと安心していると思わぬ落とし穴があるので注意していきましょう。