空き家を活用できるリロケーションについて知ろう

リロケーションとは

自分が持っている物件を離れる際に、期間限定で貸し出すことをリロケーションといいます。ここからは、リロケーションする時の流れについて紹介していきます。

リロケーションを依頼する時の流れ

リフォーム

業者に相談

リロケーションをすると決めたら、リロケーションを行なっている会社に連絡をして相談をします。

条件を決める

リロケーションとして貸し出す時の条件を業者と一緒に決めていきます。

契約を結ぶ

業者に賃貸業務を委託するための契約を結びます。そのとき、いろんな説明をされますので、きちんと聞き逃さないようにしましょう。

入居者を集める

入居者を募集します。物件に関する情報を提供し、決まり次第入居してもらいます。

お金の受けとり

利用者から受け取ったお金の中から、業者の取り分を引いた金額を受け取ってリロケーション終了になります。

空き家を活用できるリロケーションについて知ろう

リフォーム

業者に取られる手数料

先ほどのお金の受け取りで業者に手数料を引かれると言いましたが、どのくらいの手数料が引かれれるのでしょうか?リロケーションが取る手数料は大体10%ほどと言われています。

模型

手間が省ける

手数料を取られるのに業者を利用する人が多いのには、手間が省けるというメリットがあるからです。賃貸契約を結ぶときには、多くの契約などが必要になるので、自分で行なう場合には手間がかかり大変です。それを全て業者が代行してくれます。

リフォーム

空き家を活用できる

リロケーションは、空き家であるはずの期間を有効活用することができます。なので、空き家の管理をする手間が省ける上に利用料金も受け取れるというメリットがたくさんあります。

作業員

自分で入居者を探す

物件の所有者が入居者が探すためには、賃貸情報サイトなどで入居者を募らないといけません。また、入居者が遠隔地にいる場合であっても自分で手続きを行わないといけないので、手間がかかります。手間をかけたくないのであれば、仲介業者を利用するといいでしょう。

広告募集中