賃貸保証会社を利用する時のメリットを知りましょう

賃貸保証会社を利用する時のメリットを知りましょう

間取り

増加傾向にある賃貸保証会社

賃貸保証会社とは、賃貸物件を借り入れするときに、通常は親族などの連帯保証人を用意しますが、賃貸保証会社に委託することで、連帯保証人がいらなくなります。もし家賃の支払いが遅れた場合などは、賃貸保証会社が変わりに支払ってくれることになりますが、後からきっちりと回収されます。この、便利な賃貸保証会社が最近増加傾向にあります。

模型

連帯保証人を頼めない人が多い

核家族化が進んできている現代社会では、親族に対して連帯保証人などが頼みづらいような空気になってきてしまいます。そういった方々は、賃貸契約の際にとても困っているでしょう。また、保証人がいないとマンション経営者も大変困ってしまいます。しかし、賃貸保証会社を利用すれば、借りる側も貸す側も安心できるのです。もし、入居者が家賃を滞納した場合でも、代わりに保証会社が立て替えてくれるので家賃収入も安定させることができます。

マンション

空き家のリスクが減る

賃貸保証会社を利用すれば、家賃滞納の心配がグンと減るため、入居条件を厳しくする必要もありません。暮らしやすい条件のままでいれば、入居者が減る心配もなくなるので空き家になるリスクを下げることが可能となります。また、入居者にとっても賃貸保証会社を利用できる物件は安心感があるので、双方にとってメリットが大きいといえます。

賃貸保証会社を利用するメリット

model
no.1

安心感がある

保証人を一切つけずにすると、もし家賃滞納があったときは経営者としては大変困ってしまいます。しかし、賃貸保証会社を利用することで滞納したときでも代わりに支払いをしてくれるため、安心して経営を続けることができるのです。

no.2

安定した経営が可能

家賃が毎月支払われないと、安定した収入を得ることができません。そうなると、経営も不安定になるのは目に見えてわかります。そんなリスクを軽減させるのが、賃貸保証会社。きちんと収入を得られるように、経営を回すサポートをしてくれるので、多くの経営者に指示されています。

no.3

家賃の回収をしてくれる

家賃を滞納している入居者から、家賃を回収するのは結構大変な業務です。そのため、毎回こういった入居者に困っている経営者も多いでしょう。賃貸保証会社は、家賃の回収も経営者に代わってしてくれるので、トラブルが大きくなるのを防ぐこともできます。

no.4

相応しい入居者か審査してくれる

賃貸契約を結ぶときは、ほとんど審査を受けるものです。しかし、その審査は人を見分ける力がとても必要となります。そこで、賃貸保証会社でも入居者の審査をし、この人の経済力などから入居していいかどうか判断してくれるため、後の家賃トラブルに発展するのを事前に回避できるのです。

no.5

修繕費までサポートできる

入居者が快適に過ごせるように、住まいを提供するのが賃貸経営者の務めですが、退去時などには修繕費がかかってきます。そういった費用は、意外と大きなものとなるので、安定した経営を求める方にとっては大変なことです。しかし、賃貸保証会社はこういった修繕費なども保証してくれるため大変助かると思っている経営者は多いとされています。

広告募集中